新着情報
IRニュース一覧へ

新着情報

標本平均の有意差を検定する手法。主に群間の平均値の有意差を調べるために用いられる。母分散に等分散性を仮定できる時はStudentのt検定、母分散が異なる時はWelchのt検定が用いられる。 “平均値に差がない“という仮説に対し、p値が有意水準(例えば有意水準5%, α=0.05)以下の時、5%の確率で平均値に差が無いとは言えないので、その仮説は棄却される(つまり平均値に差がある)。

Posted in: expository, statistics