サービス一覧

サービス一覧

sp content nav HMTの発表論文・総説
Basic Scan
ベーシックスキャン
ベーシックスキャンでは、メタボローム解析で得られたデータの中から、HMTのライブラリに登録された約900の代謝物質の情報を抽出し、解析結果を報告します。
ライブラリは主要代謝物質の大部分をカバーしており、基本的な代謝変化のモニターやメカニズム解析に最適です。研究を一歩進めるためのベースとなる代謝情報を得ることができます。
主な用途 多くの生物種に存在する一次代謝における代謝変化の把握
代謝物質・経路同士の新たなネットワークの探索
解析対象 約900 個のイオン性代謝物質
動植物の一次代謝を構成する内因性の代謝物質: 糖リン酸・アミノ酸・核酸・有機酸 など
> 併せて脂溶性、中性物質の代謝も見たい方はこちら
検出物質数*1 血液、尿: 100 ~ 150
動植物組織 :200 ~ 250
培養細胞:150 ~ 250
報告値 相対面積値
報告書 検出されたピークの検出値(標準化面積値)、それらのデータを用いた群間比較結果を報告します。
統計解析・
パスウェイ解析*2
2検体以上無料
納品までの目安期間 20~60日
オプションをご覧になりたい方はこちら
*1 解析試料種や条件によって結果は異なります。
*2 追加解析は有料となります。
ベーシックスキャンのメリットは?
ベーシックスキャンは検出されたピークのうち、アノテーションされたピークだけをレポートする一次代謝のプロファイルをリーズナブルに確認するのに適したプランです。

そのため、代謝物名が不明なピークの情報もご希望のお客様にはアドバンストスキャンをお勧めします。一方で、主要代謝経路を研究対象としておられるお客様にとっては、膨大な量の解析データの中から不要なピークをそぎ落としたデータがレポートされ、かつ低価格でメタボローム解析を行っていただけるプランとなっています。
ライブラリにはどんな代謝物質が登録されていますか?
アミノ酸、ヌクレオチド類、ヌクレオシド、リン酸化有機酸、核酸塩基、CoA類、有機酸、ニコチンアミド補酵素などです。ライブラリに登録された代謝物質の詳細なリストをご用意しております。お気軽にお尋ねください。
何検体から注文できますか?
ベーシックスキャンは1検体からお請けしております。検体数によってボリュームディスカウントもご用意しておりますのでお気軽にお見積りをお申し付けください。
BASIC SCANを利用してこんな論文が発表されています
Different Polar Metabolites and Protein Profiles between High- and Low-Quality Japanese Ginjo Sake
Takahashi K, Kohno H. PLoS One., 11(3): e0150524, 2016
吟醸酒品質の優劣により極性代謝物質とタンパク質プロファイルが異なる
ベーシックスキャン酒類
Tumour-specific metabolic adaptation to acidosis is coupled to epigenetic stability in osteosarcoma cells.
Chano T, Avnet S, Kusuzaki K, Bonuccelli G, Sonveaux P, Rotili D, Mai A, Baldini N. Am J Cancer Res, : , 2016

酸性環境の悪性細胞は代謝的にミトコンドリアへenergy shiftするのとともに、epigeneticにmethyl化状態を維持しやすい代謝環境となる。

ベーシックスキャン
Structural basis for amino acid export by DMT superfamily transporter YddG.
Tsuchiya H, Doki S, Takemoto M, Ikuta T, Higuchi T, Fukui K, Usuda Y, Tabuchi E, Nagatoishi S, Tsumoto K, Nishizawa T, Ito K, Dohmae N, Ishitani R, Nureki O Nature, : , 2016

DMTスーパーファミリー輸送体YddGの立体構造を解いてアミノ酸輸送機構を明らかにした。

アミノ酸ベーシックスキャン輸送体
ベーシックスキャンに関する論文一覧はこちら
脂溶性、中性物質も見たい方は・・・
デュアルスキャン
DUAL SCAN デュアルスキャン
ベーシックスキャンに脂質代謝のモニタリングを加え、
網羅性を高めたプランです。
さらに約300物質の解析ができます。
デュアルスキャンのメリットは?
デュアルスキャンは検出されたピークのうち、アノテーションされたピークだけをレポートする一次代謝および脂質代謝のプロファイルをリーズナブルに確認するのに適したプランです。
どれくらいのピークが検出されますか?
検出されるピークは試料によって異なりますが、一般的に血液では180~200、動植物組織では250~300、培養組織では200~300が検出されます。
何検体から注文できますか?
デュアルスキャンは1検体からお請けしております。検体数によってボリュームディスカウントもご用意しておりますのでお気軽にお見積りをお申し付けください。
DUAL SCANを利用してこんな論文が発表されています
Metabolome analyses uncovered a novel inhibitory effect of acyclic retinoid on aberrant lipogenesis in a mouse diethylnitrosamine-induced hepatic tumorigenesis model.
Qin XY, Tatsukawa H, Hitomi K, Shirakami Y, Ishibashi N, Shimizu M, Moriwaki H, Kojima S Cancer Prev Res (Phila)., : , 2016
非環式レチノイドの抗がんメカニズムの解明
がんデュアルスキャン先導助成組織
Effects of Oral Administration of Chitin Nanofiber on Plasma Metabolites and Gut Microorganisms.
Azuma K., Izumi R., Kawata M., Nagae T., Osaki T., Murahata Y., Tsuka T., Imagawa T., Ito N., Okamoto Y., Morimoto M., Izawa H., Saimoto H., Ifuku S. Int. J. Mol. Sci., 16(9): 21931-49, 2015
キチンナノファイバー経口摂取は腸管内の短鎖脂肪酸産生を促進し、全身のエネルギー産生、脂質代謝、セロトニン合成に影響を与える
デュアルスキャンマウス
Lysine-specific demethylase 2 suppresses lipid influx and metabolism in hepatic cells.
Nagaoka K, Hino S, Sakamoto A, Anan K, Takase R, Umehara T, Yokoyama S, Sasaki Y, Nakao M. Mol Cell Biol., 35(7): 1068-80, 2015
デュアルスキャン
デュアルスキャンに関する論文一覧はこちら