研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

糞便に属する記事一覧

Colonic Absorption of Low-Molecular-Weight Metabolites Influenced by the Intestinal Microbiome: A Pilot Study.
Matsumoto M, Ooga T, Kibe R, Aiba Y, Koga Y, Benno Y PLoS One, : , 2017

パイロット研究: 結腸における低分子代謝産物の吸収は腸内細菌叢の影響を受ける。

ベーシックスキャンマウス吸収心臓血糞便結腸腸内細菌叢血漿門脈血
Antipruritic effects of the probiotic strain LKM512 in adults with atopic dermatitis.
Matsumoto M, Ebata T, Hirooka J, Hosoya R, Inoue N, Itami S, Tsuji K, Yaginuma T, Muramatsu K, Nakamura A, Fujita A, Nagakura T Ann Allergy Asthma Immunol., 1206(14): 00300-7, 2014

医薬品の臨床試験の実施基準であるGCPに準拠した治験を行い、ビフィズス菌LKM512が成人型アトピー性皮膚炎の症状を改善することを確認

アレルギーヒトベーシックスキャン糞便腸内細菌
Upregulation of colonic luminal polyamines produced by intestinal microbiota delays senescence in mice.
Kibe R, Kurihara S, Sakai Y, Suzuki H, Ooga T, Sawaki E, Muramatsu K, Nakamura A, Yamashita A, Kitada Y, Kakeyama M, Benno Y, Matsumoto M Sci Rep, 4: 4548, 2014

腸内細菌叢により産生される大腸内腔のポリアミン上昇は、マウスにおける老化を遅らせる

ヒトベーシックスキャンマウス糞便腸内細菌
Impact of Intestinal Microbiota on Intestinal Luminal Metabolome.
Matsumoto M, Kibe R, Ooga T, Aiba Y, Kurihara S, Sawaki E, Koga Y, Benno Y Sci Reports, 2: Article number:233, 2012

腸内常在菌の有無による腸内代謝プロファイルの違いを解析し、腸内常在菌が産生する物質の全貌を明らかにした

マウス基礎科学糞便腸内細菌

一覧へ戻る