研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

肝細胞がんに属する記事一覧

Novel chemoimmunotherapeutic strategy for hepatocellular carcinoma based on a genome-wide association study.
Goto K, Annan DA, Morita T, Li W, Muroyama R, Matsubara Y, Ito S, Nakagawa R, Tanoue Y, Jinushi M, Kato N Sci. Rep., : , 2016

ゲノムワイド関連解析に基づいた肝細胞がんに対する新しい免疫化学療法戦略。

GWAShistone deacetylase inhibitorMHC class I polypeptide-related sequence Aヒトベーシックスキャン培養細胞肝細胞がん
Decreased Expression of Fructose-1,6-bisphosphatase Associates with Glucose Metabolism and Tumor Progression in Hepatocellular Carcinoma.
Hirata H, Sugimachi K, Komatsu H, Ueda M, Masuda T, Uchi R, Sakimura S, Nambara S, Saito T, Shinden Y, Iguchi T, Eguchi H, Ito S, Terashima K, Sakamoto K, Hirakawa M, Honda H, Mimori K Cancer Res., : , 2016

肝細胞がんにおいてフルクトース-1,6-ビスホスファターゼの発現減少はグルコース代謝と腫瘍進行に関連する。

-ビスホスファターゼFBP1エフ・スコープヒトフルクトース-1培養細胞糖新生肝細胞がん
Transketolase counteracts oxidative stress to drive cancer development.
Xu IM, Lai RK, Lin SH, Tse AP, Chiu DK, Koh HY, Law CT, Wong CM, Cai Z, Wong CC, Ng IO Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., : , 2016

トランスケトラーゼは酸化ストレスに対抗してがんの発達を促進する。

トランスケトラーゼヒトベーシックスキャンペントースリン酸経路培養細胞活性酸素肝細胞がん

一覧へ戻る