研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

血漿に属する記事一覧

Colonic Absorption of Low-Molecular-Weight Metabolites Influenced by the Intestinal Microbiome: A Pilot Study.
Matsumoto M, Ooga T, Kibe R, Aiba Y, Koga Y, Benno Y PLoS One, : , 2017

パイロット研究: 結腸における低分子代謝産物の吸収は腸内細菌叢の影響を受ける。

ベーシックスキャンマウス吸収心臓血糞便結腸腸内細菌叢血漿門脈血
Application of Metabolomics to Multiple Chemical Sensitivity Research.
Katoh T, Fujiwara Y, Nakashita C, Lu X, Hisada A, Miyazaki W, Azuma K, Tanigawa M, Uchiyama I, Kunugita N Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, : , 2016

化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用。

アセチルカルニチンヒトベーシックスキャン症例・対照研究脂肪酸血漿
Exposure of C57BL/6J mice to long photoperiod during early life stages increases body weight and alters plasma metabolomic profiles in adulthood.
Uchiwa T, Takai Y, Tashiro A, Furuse M, Yasuo S Physiological reports, : , 2016

C57BL/6Jマウスをライフステージ初期に長日条件に曝すと体重が増加して成熟期の血漿代謝プロファイルが変化する。

ベーシックスキャンマウス幼若期血漿長日条件
Hepatocyte β-Klotho regulates lipid homeostasis but not body weight in mice.
Kobayashi K, Tanaka T, Okada S, Morimoto Y, Matsumura S, Manio MC, Inoue K, Kimura K, Yagi T, Saito Y, Fushiki T, Inoue H, Matsumoto M, Nabeshima Y. FASEB J., 30(2): 849-62, 2016

肝細胞β-Klotho依存的胆汁酸合成制御は、脂質恒常性に必須であるが、体重制御には寄与しない

シー・スコープマウス血漿
Metabolomic Analysis of Blood Plasma after Oral Administration of N-acetyl-d-Glucosamine in Dogs.
Osaki T, Kurozumi S, Sato K, Terashi T, Azuma K, Murahata Y, Tsuka T, Ito N, Imagawa T, Minami S, Okamoto Y. Mar Drugs., 13(8): 5007-15, 2015

N-アセチルグルコサミン-D-グルコサミン投与により血中エクトイン濃度を上昇させる

ベーシックスキャン血漿

一覧へ戻る