新着情報
IRニュース一覧へ

新着情報

CONTENTS

セミナー

急激に進化するメタボローム解析の威力 ―医薬、医療、薬理機能性研究への応用最先端―

6月26日
東京都港区
終了しました

本セミナーは定員に達したため、受付を終了いたしました(2009年5月29日現在)

品川イーストワンタワー21階への詳細な道順(品川イーストワンタワーウェブサイトのPDFファイルにリンクしています)
21階へはエレベーターホール奥のエレベーターをご利用ください。手前のエレベーターは20階までしかいきません。

========================

メタボローム解析が作り出す可能性は研究者の急激な増加で、大きく進展しています。2月には前立腺がん研究へのメタボロームの有用性がNatureに掲載され、注目度はさらに増しています。この度、Natureの論文発表者のミシガン大学Chris Beecher教授らをお招きして表題のセミナーを下記の通り開催することにいたしましたので、ご案内申しあげます。メタボローム解析で新たな発見、研究の進展に貢献できることを願い、多くの研究者の皆様の参加をお待ちしております。

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
代表取締役 菅野 隆二

開催概要

日時
2009年6月26日(金)13:00-17:00 13:10-17:00 (開始時間を変更しました)
参加費
無料(要事前登録)
会場
品川イーストワンタワー21階 大会議室(東京都港区) 品川駅(JR,京急)徒歩3分


大きな地図で見る

お申し込み
アジレント・テクノロジー社セミナーサイトからお申し込みください
(アジレント・テクノロジー社サイトにジャンプします。画面左「お申し込みはこちら」)

[受付終了]

お問い合わせ
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
営業・マーケティング部 井元淳
☎ 03-3562-7117
主催
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
協賛
アジレント・テクノロジー株式会社

プログラム

13:00~13:10
13:10-13:15
ご挨拶

13:10~13:40
13:15-13:40
「進化するメタボロミクスの威力」

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ 大橋由明
13:40~15:00 「前立腺がんのバイオマーカとしてのサルコシンの発見」

ミシガン大学医学部 Chris Beecher教授

※本講演では通訳をご用意しております

15:00~15:20 コーヒーブレイク

15:20~15:50 「精神疾患への応用とその可能性」

国立精神・神経センター 川村則行先生
15:50~16:20 「製薬におけるメタボロミクス解析装置比較」

アステラス製薬株式会社 鈴村謙一先生
16:20~16:40 「Agilentの最新技術紹介」

アジレント・テクノロジー株式会社 野上知花
16:40~17:00 Q&A

講演内容ご紹介

Dr. Chris Beecher
Professor of Pathology at University of Michigan Medical School
President at Metabolic Analyses, Inc.
米国メタボロン社創設者

「サルコシン」という代謝物質が前立腺がんの進行度マーカーであるという発見についてお話しします。これは、メタボローム解析によって得られた成果であり、他の組織でも同様の結果が確認できただけでなく、サルコシンによるがん進行の生化学メカニズムの解明によっても実証しました。

川村 則行先生
国立精神・神経センター 精神保健研究所
心身医学研究部 心身症研究室長

臨床的な症状の束からの精神障害の分類は生物学的均一性が保証されない。精神障害患者の血液内の分子群のメタボローム解析により、新しく均一性のある実態の有無を模索することができる。

鈴村 謙一先生
アステラス製薬株式会社 研究本部創薬推進研究所
分析研究室 主任研究員 薬学博士

メタボロミクスでは、どんな分析手法を選ぶべきか悩む場合が多々あります。今回の発表では、これまでの経験から、各分析手法の特長について述べます。

野上 知花
アジレント・テクノロジー株式会社
アプリケーションセンター

超高速、高分離、高感度、低キャリーオーバーを実現する究極のAgilent1290 Infinity LCとモデルチェンジにより性能を高めたAgilent HPCEがついに登場します。そのご紹介と併せ、メタボロミクス研究を支援するAgilentの多彩な製品群をご紹介します。

大橋 由明
HMT株式会社
バイオメディカルグループマネージャー

メタボロミクスは生体の恒常性維持の状態を探索する、最も直接的な手法です。近年のメタボロミクス技術の進化は目を見張るものがあり、解析速度や信頼性は格段に向上しています。今回は、メタボロミクス技術の現状と、医学や機能性食品への応用などを紹介します。

一覧へ戻る