【期間限定】ヒト由来臨床検体対象 多検体試験応援キャンペーン

創業から19年目を迎えたHMTでは、ヒト由来臨床検体を対象とした試験に関しても多くの経験を有しております。
近年はコホート研究にメタボロミクスが採用される事例も増えているほか、ヒト由来臨床検体を対象とした臨床試験のご相談も数多くいただくことから、中~大規模の検体数でのご研究を行われているお客様を対象として、特別価格にてメタボローム解析リピドーム解析をご利用いただけるパッケージをご用意いたしました。

早期ご検討いただけるお客様には特別価格をご用意しておりますので、是非この機会にお問い合わせください。

お問い合わせ 

キャンペーン対象

対象試料種

ヒト由来臨床検体(血液・尿)

検体数

30検体~

キャンペーン期間

2021年9月末までのご発注・10月末までのサンプル着

HMTだからできる、それぞれの代謝物質に適した手法での網羅解析

生体内に含まれる代謝物質には様々な物性のものが混在していることから、単一の手法であらゆる代謝物質を測定することは困難です。
そこでHMTでは、お客様の研究目的に合わせた形での網羅解析が可能となる様々な解析プランをご用意しております。
弊社営業担当がそれぞれの研究に最適なプランをご紹介いたしますので、是非一度ご相談ください。
※下記各プラン単体でのご注文だけでなく、複数プランを組み合わせての解析もお受けしております(追加割引もございます)。

お問い合わせ 

目的に合わせた網羅解析プラン

水溶性・イオン性代謝物質の解析

エネルギー代謝に関連する物質など、一次代謝物のほとんどを占める水溶性・イオン性の代謝物質を網羅的に解析します。
特にHMTはこれらの物質の分離に強みをもつCE-MS法での解析を得意としており、高精度な解析をお約束します。
詳しくはこちら

脂溶性・中性代謝物質の解析

脂肪酸胆汁酸ポリフェノール類リン脂質など、脂溶性・中性の代謝物質を網羅的に解析します。
今回のキャンペーンでは、お客様の研究の目的に合わせて下記4種のプランをお勧めしております。

脂肪酸リン脂質セラミドトリグリセリドをはじめとした脂溶性の代謝物質を幅広く見たい方にお勧めのプランです。詳しくはこちら

グリセロリン脂質スフィンゴ脂質セラミドなどに着目されている方にお勧めのプランです。詳しくはこちら

脂肪酸胆汁酸ポリフェノール類ステロイド誘導体のほか、測定対象として様々な機能性関与成分を含むプランです。詳しくはこちら

DHA/EPAやその代謝物質をはじめとした生理活性脂質に着目されている方にお勧めのプランです。詳しくはこちら

解析プランに迷ったら

ご自身のご研究にどの解析プランが最適なのか迷われた方は、是非一度お問い合わせください。
ご研究の背景や目的などを弊社営業担当がヒアリングさせていただき、最も適した解析プランをご提案いたします。

お問い合わせ 


水溶性・イオン性代謝物質の解析

キャピラリー電気泳動(CE)と質量分析計(MS)を組み合わせたCE-MSシステムにより、約1,000種の水溶性・イオン性代謝物質の網羅解析(メタボローム解析)を行います。
CEのもつ高い分離能は生体に多く含まれる水溶性・イオン性の代謝物質の測定に最適で、他システムでは分離の難しい代謝物質も検出が可能です。
エネルギー代謝に関連する物質をはじめとして、一次代謝を構成する内因性の代謝物質(糖リン酸・アミノ酸・核酸・有機酸・ビタミン・短/中鎖脂肪酸・ジペプチド)など、解析対象として主要代謝物質の多くを網羅しています。

解析対象物質例:
各種アミノ酸・アミノ酸代謝物、解糖系関連物質(グルコース-6-リン酸、フルクトース-1,6-ビスリン酸、ピルビン酸、乳酸等)、TCA回路関連物質(アセチルCoA、クエン酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸等)、
エネルギー代謝関連物質(ATP, ADP, AMP、NADH, NAD+等)、核酸代謝関連物質(キサンチン、尿酸、アデノシン、アデニン、イノシン等)、
水溶性ビタミン(パントテン酸、アスコルビン酸等)、ポリアミン(プトレシン、スペルミジン、スペルミン)、シトルリン、オルニチン、GABA、クレアチン、クレアチニン、尿素、グルタチオン、
コリン、S-アデノシルメチオニン、タウリン、TMAO、セロトニン、キヌレニン、ノルアドレナリン など


脂溶性・中性代謝物質の解析

液体クロマトグラフィー(LC)と質量分析計(MS)を組み合わせたLC-MSシステムにより、様々な種類の脂溶性・中性代謝物質の網羅解析(リピドーム解析)を行います。
脂肪酸胆汁酸ポリフェノール類リン脂質など、プラン毎にエネルギー代謝やシグナル伝達に必要となる多様な脂質の解析が可能です。
※一部プランにおいては、リピドーム解析を専門とする株式会社リピドームラボとの連携により解析をご提供いたします。


ノンターゲット解析

脂肪酸リン脂質セラミドトリグリセリドをはじめとした脂溶性の代謝物質を幅広く見たい方にお勧めのプランです。
ホスファチジルコリン(PC)やホスファチジン酸(PA)などのリン脂質のほか、リゾリン脂質やホスファチジルイノシトールリン酸(PIP, PIP2, PIP3)、カルジオリピン、セラミド、ガングリオシド、コレステロールエステル、トリグリセリドなど、様々な種類の脂質を対象として解析を行います。

解析対象物質例:
リン脂質(ホスファチジルコリン(PC)、ホスファチジン酸(PA)、ホスファチジルエタノールアミン(PE)、ホスファチジルグリセロール(PG)、ホスファチジルセリン(PS)、ホスファチジルイノシトール(PI))、
リゾリン脂質(リゾホスファチジルコリン(LPC)、リゾホスファチジン酸(LPA)、リゾホスファチジルエタノールアミン(LPE)、リゾホスファチジルグリセロール(LPG)、リゾホスファチジルセリン(LPS)、リゾホスファチジルイノシトール(LPI))、
ホスファチジルイノシトールリン酸(PIP, PIP2, PIP3)、カルジオリピン、セラミド、ガングリオシド、スフィンゴミエリン、スフィンゴシン、コレステロールエステル、モノグリセリド、ジグリセリド、トリグリセリド、脂肪酸、アシルカルニチン、N-アシルエタノールアミン(AEA) など


マルチリン脂質解析

グリセロリン脂質スフィンゴ脂質セラミドなどに着目されている方にお勧めのプランです。
350種以上の物質が測定対象となっており、すべての物質についてクラスごとの内部標準品を用いて定量値を算出します。

解析対象物質例:
リン脂質(ホスファチジルコリン(PC)、ホスファチジン酸(PA)、ホスファチジルエタノールアミン(PE)、ホスファチジルグリセロール(PG)、ホスファチジルセリン(PS)、ホスファチジルイノシトール(PI))、
リゾリン脂質(リゾホスファチジルコリン(LPC)、リゾホスファチジン酸(LPA)、リゾホスファチジルエタノールアミン(LPE)、リゾホスファチジルグリセロール(LPG)、リゾホスファチジルセリン(LPS)、リゾホスファチジルイノシトール(LPI))、
ホスファチジルイノシトールリン酸(PIP, PIP2, PIP3)、スフィンゴミエリン、スフィンゴシン、スフィンゴシン-1-リン酸、スフィンガニン、スフィンガニン-1-リン酸、セラミド2、グルコシル/ガラクトシルセラミド、ラクトシルセラミド


機能性物質解析

脂肪酸胆汁酸ポリフェノール類ステロイド誘導体のほか、測定対象として様々な機能性関与成分を含むプランです。
300種以上の解析対象物質の中には、カテキンやクルクミン、アスタキサンチン、セサミン、ルテインなど、特に食品分野で注目されている機能性関与成分も多く含まれており、食品摂取による影響などをご研究されている方に多くご利用いただいています。

解析対象物質例:
脂肪酸、アシルカルニチン、アルドステロン、コルチコステロン、アンドロステロン、テストステロン、エストロン、エストリオール、β-エストラジオール、カンペステロール、コレステロール、デスモステロール、ラノステロール、
一次/二次胆汁酸(コール酸、グリココール酸、タウロコール酸、デオキシコール酸、リトコール酸等)、カテキン、クルクミン、アスタキサンチン、セサミン、ルテイン、コエンザイムQ10、脂溶性ビタミン(レチノール、α-トコフェロール等) など


エイコサノイド・ドコサノイド解析

DHA/EPAやその代謝物質をはじめとした生理活性脂質に着目されている方にお勧めのプランです。
ω3脂肪酸ω6脂肪酸から作られる生理活性脂質・脂質メディエーター類(プロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエン、レゾルビン、リポキシン、プロテクチン等)を主な解析対象としています。

解析対象物質例:
プロスタグランジンD2、プロスタグランジンF2α、トロンボキサンB2、ロイコトリエンB4、レゾルビンD1、レゾルビンD2、リポキシンA4、リポキシンB4、
5-HETE、12-HETE、15-HETE、5-oxoETE、15-oxoETE、5-HEPE、12-HEPE、15-HEPE、4-HDoHE、7-HDoHE、10-HDoHE など

納品物・注意事項等

測定後、結果をまとめたExcelデータを納品いたします。

解析結果には、以下のものが含まれます。

  • 検出されたピークの検出値(標準化面積値)
  • 面積値を用いた群間比較結果(Mann-WhitneyのU検定結果)
  • 面積値を用いた箱ひげ図

※その他、多変量解析などの統計解析もオプションとしてご用意しております。

ご提供いただく臨床検体に関して、感染性微生物等の感染状況によってはお取り扱いが難しい場合がございますので、一度ご相談ください。

お問い合わせ 

カテゴリーから検索

記事掲載年月から検索