研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

マウスに属する記事一覧

Effects of Taurine Administration on Carbohydrate Metabolism in Skeletal Muscle during the Post-Exercise Phase.
Takahashi Y, Tamura Y, Matsunaga Y, Kitaoka Y, Terada S, Hatta H J. Nutr. Sci. Vitaminol. (Tokyo), : , 2016

運動後の骨格筋の糖質代謝におけるタウリン投与の効果。

グリコーゲン代謝タウリンピルビン酸脱水素酵素ベーシックスキャンマウス前脛骨筋組織解糖系運動後回復
Biochanin A improves hepatic steatosis and insulin resistance by regulating the hepatic lipid and glucose metabolic pathways in diet-induced obese mice.
Park HS, Hur HJ, Kim SH, Park SJ, Hong MJ, Sung MJ, Kwon DY, Kim MS Mol. Nutr. Food Res., : , 2016

Biochanin Aは食餌で肥満したマウスの肝臓の脂質とグルコースの代謝を制御して脂肪肝とインスリン抵抗性を改善する。

Biochanin Aベーシックスキャンマウス糖代謝肝臓脂肪肝脂質代謝
Colonic Absorption of Low-Molecular-Weight Metabolites Influenced by the Intestinal Microbiome: A Pilot Study.
Matsumoto M, Ooga T, Kibe R, Aiba Y, Koga Y, Benno Y PLoS One, : , 2017

パイロット研究: 結腸における低分子代謝産物の吸収は腸内細菌叢の影響を受ける。

ベーシックスキャンマウス吸収心臓血糞便結腸腸内細菌叢血漿門脈血
Metabolic alterations by indoxyl sulfate in skeletal muscle induce uremic sarcopenia in chronic kidney disease.
Sato E, Mori T, Mishima E, Suzuki A, Sugawara S, Kurasawa N, Saigusa D, Miura D, Morikawa-Ichinose T, Saito R, Oba-Yabana I, Oe Y, Kisu K, Naganuma E, Koizumi K, Mokudai T, Niwano Y, Kudo T, Suzuki C, Takahashi N, Sato H, Abe T, Niwa T, Ito S Sci. Rep., : , 2016

骨格筋における硫酸インドキシルによる代謝変動は慢性腎疾患の尿毒症性サルコペニアを誘導する。

C2C12サルコペニアシー・スコープマウス培養細胞慢性腎臓病硫酸インドキシル筋管
Exposure of C57BL/6J mice to long photoperiod during early life stages increases body weight and alters plasma metabolomic profiles in adulthood.
Uchiwa T, Takai Y, Tashiro A, Furuse M, Yasuo S Physiological reports, : , 2016

C57BL/6Jマウスをライフステージ初期に長日条件に曝すと体重が増加して成熟期の血漿代謝プロファイルが変化する。

ベーシックスキャンマウス幼若期血漿長日条件
Metabolic Alterations Caused by KRAS Mutations in Colorectal Cancer Contribute to Cell Adaptation to Glutamine Depletion by Upregulation of Asparagine Synthetase.
Toda K, Kawada K, Iwamoto M, Inamoto S, Sasazuki T, Shirasawa S, Hasegawa S, Sakai Y Neoplasia, : , 2016

結腸直腸がんにおいてKRAS変異による代謝変化はアスパラギン合成酵素の発現上昇を介してグルタミン欠乏に対する適応に寄与する。

ASNSKRASアスパラギン合成酵素グルタミン欠乏シー・スコープマウス培養細胞直腸結腸がん
Metabolomic Analysis of the Skeletal Muscle of Mice Overexpressing PGC-1alpha.
Hatazawa Y, Senoo N, Tadaishi M, Ogawa Y, Ezaki O, Kamei Y, Miura S PLoS One, : , 2015

PGC-1α過剰発現マウス骨格筋のメタボローム解析。

Peroxisome proliferator-activated receptor γ coactivator 1αPGC-1ベーシックスキャンマウス腓腹筋骨格筋
Omics Studies of the Murine Intestinal Ecosystem Exposed to Subchronic and Mild Social Defeat Stress.
Aoki-Yoshida A, Aoki R, Moriya N, Goto T, Kubota Y, Toyoda A, Takayama Y, Suzuki C J. Proteome Res., : , 2016

亜慢性軽度社会的敗北ストレスに曝露されたマウスの腸管エコシステムをオミクス解析した。

コール酸ベーシックスキャンマウス回腸抑うつ盲腸盲腸内容物社会的敗北ストレス腸内細菌叢-腸-脳軸
Setdb1 maintains hematopoietic stem and progenitor cells by restricting the ectopic activation of nonhematopoietic genes.
Koide S, Oshima M, Takubo K, Yamazaki S, Nitta E, Saraya A, Aoyama K, Kato Y, Miyagi S, Nakajima-Takagi Y, Chiba T, Matsui H, Arai F, Suzuki Y, Kimura H, Nakauchi H, Suda T, Shinkai Y, Iwama A Blood, : , 2016

H3K9ヒストンメチル基転移酵素Setdb1は非造血性遺伝子の異所的活性化を制限することで造血性幹細胞と前駆細胞を維持する。

Setdb1シー・スコープマウス糖新生造血性前駆細胞造血性幹細胞
Disruption of Slc52a3 gene causes neonatal lethality with riboflavin deficiency in mice.
Yoshimatsu H, Yonezawa A, Yamanishi K, Yao Y, Sugano K, Nakagawa S, Imai S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Masuda S, Inui K, Matsubara K Sci. Rep., : , 2016

SLC52A3遺伝子の破壊はマウスにリボフラビン欠乏による新生仔致死をもたらす。

RFVT3SLAC52A3シー・スコープトランスポーターマウスリボフラビン肝臓胎盤

一覧へ戻る