研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

培養細胞に属する記事一覧

Metabolome Profiling of Partial and Fully Reprogrammed Induced Pluripotent Stem Cells.
Park SJ, Lee SA, Prasain N, Bae D, Kang H, Ha T, Kim JS, Hong KS, Mantel C, Moon SH, Broxmeyer HE, Lee MR Stem cells and development, : , 2017

部分的に再プログラムされたiPS細胞と完全に再プログラムされたiPS細胞の代謝プロファイリングの比較。

iPS細胞ヒトベーシックスキャン再プログラム培養細胞胚性幹細胞解糖系酸化的リン酸化
Systems approach to characterize the metabolism of liver cancer stem cells expressing CD133.
Hur W, Ryu JY, Kim HU, Hong SW, Lee EB, Lee SY, Yoon SK Sci. Rep., : , 2017

CD133発現肝がん幹細胞の代謝の統合的解析。

CD133ヒトベーシックスキャン培養細胞肝がん幹細胞脂肪酸β酸化解糖系
Hybrid Cellular Metabolism Coordinated by Zic3 and Esrrb Synergistically Enhances Induction of Naive Pluripotency.
Sone M, Morone N, Nakamura T, Tanaka A, Okita K, Woltjen K, Nakagawa M, Heuser JE, Yamada Y, Yamanaka S, Yamamoto T Cell metabolism, : , 2017

iPS細胞の作製にはハイブリッドな細胞代謝が重要である。

ACSF3EsrrbiPS細胞TCA回路Zic3シー・スコープヒトミトコンドリア培養細胞解糖系
The Mammalian Malonyl-CoA Synthetase ACSF3 Is Required for Mitochondrial Protein Malonylation and Metabolic Efficiency.
Bowman CE, Rodriguez S, Selen Alpergin ES, Acoba MG, Zhao L, Hartung T, Claypool SM, Watkins PA, Wolfgang MJ Cell chemical biology, : , 2017

哺乳類のマロニルCoA合成酵素ACSF3はミトコンドリアタンパク質のマロニル化と代謝効率化を担う。

ACSF3シー・スコープヒトマロニルCoA合成酵素マロン酸ミトコンドリア培養細胞
Altered glucose metabolism and hypoxic response in alloxan-induced diabetic atherosclerosis in rabbits.
Sun L, Moritake T, Ito K, Matsumoto Y, Yasui H, Nakagawa H, Hirayama A, Inanami O, Tsuboi K PLoS One, : , 2017

アロキサン誘導による糖尿病性動脈硬化症ウサギにおけるグルコース代謝と低酸素応答の変化。

シー・スコープジクロロ酢酸 (DCA)ヒトミトコンドリア培養細胞放射線抵抗性髄芽腫
Metabolic analysis of radioresistant medulloblastoma stem-like clones and potential therapeutic targets.
Sun L, Moritake T, Ito K, Matsumoto Y, Yasui H, Nakagawa H, Hirayama A, Inanami O, Tsuboi K PLoS One, : , 2017

放射線抵抗性髄芽腫幹細胞様クローンのメタボローム解析と可能性のある治療標的。

シー・スコープジクロロ酢酸 (DCA)ヒトミトコンドリア培養細胞放射線抵抗性髄芽腫
Arginine Deprivation Inhibits the Warburg Effect and Upregulates Glutamine Anaplerosis and Serine Biosynthesis in ASS1-Deficient Cancers.
Kremer JC, Prudner BC, Lange SE, Bean GR, Schultze MB, Brashears CB, Radyk MD, Redlich N, Tzeng SC, Kami K, Shelton L, Li A, Morgan Z, Bomalaski JS, Tsukamoto T, McConathy J, Michel LS, Held JM, Cell reports, : , 2017

ASS1欠損がん細胞においてアルギニン欠乏はワーバーグ効果を抑制してグルタミン補充反応とセリン生合成を亢進する。

ADI-PEG20argininosuccinate synthetase 1 (ASS1)アルギニン枯渇エフ・スコープグルタミン補充シー・スコープセリン生合成ヒトワーバーグ効果作用機序培養細胞抗がん剤
Folate cycle enzyme MTHFD1L confers metabolic advantages in hepatocellular carcinoma.
Lee D, Xu IM, Chiu DK, Lai RK, Tse AP, Lan Li L, Law CT, Tsang FH, Wei LL, Chan CY, Wong CM, Ng IO, Wong CC J. Clin. Invest., : , 2017

葉酸回路を構成する酵素MTHFD1Lは肝細胞がんに代謝的優位性を与える。

methylenetetrahydrofolate dehydrogenase 1-likeNRF2ヒトベーシックスキャン培養細胞肝臓がん葉酸回路酸化ストレス
S100B impairs glycolysis via enhanced poly(ADP-ribosyl)ation of glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase in rodent muscle cells.
Hosokawa K, Hamada Y, Fujiya A, Murase M, Maekawa R, Niwa Y, Izumoto T, Seino Y, Tsunekawa S, Arima H Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab., : , 2017

齧歯類筋細胞においてS100Bはグリセルアルデヒド-3-リン酸のポリADPリボース化亢進を介して解糖系を障害する。

S100Bグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼグルコースシー・スコープポリADPリボース化ラット培養細胞筋芽細胞
A reduction in age-enhanced gluconeogenesis extends lifespan.
Hachinohe M, Yamane M, Akazawa D, Ohsawa K, Ohno M, Terashita Y, Masumoto HKudo T, Suzuki C, Takahashi N, Sato H, Abe T, Niwa T, Ito S PLoS One, : , 2013

老化により増強される糖新生の抑制は寿命を延長する。

グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼベーシックスキャン培養細胞寿命糖新生老化酵母

一覧へ戻る