研究者の方へ

研究者の方へ

CONTENTS

解糖系に属する記事一覧

Metabolome Profiling of Partial and Fully Reprogrammed Induced Pluripotent Stem Cells.
Park SJ, Lee SA, Prasain N, Bae D, Kang H, Ha T, Kim JS, Hong KS, Mantel C, Moon SH, Broxmeyer HE, Lee MR Stem cells and development, : , 2017

部分的に再プログラムされたiPS細胞と完全に再プログラムされたiPS細胞の代謝プロファイリングの比較。

iPS細胞ヒトベーシックスキャン再プログラム培養細胞胚性幹細胞解糖系酸化的リン酸化
Systems approach to characterize the metabolism of liver cancer stem cells expressing CD133.
Hur W, Ryu JY, Kim HU, Hong SW, Lee EB, Lee SY, Yoon SK Sci. Rep., : , 2017

CD133発現肝がん幹細胞の代謝の統合的解析。

CD133ヒトベーシックスキャン培養細胞肝がん幹細胞脂肪酸β酸化解糖系
Hybrid Cellular Metabolism Coordinated by Zic3 and Esrrb Synergistically Enhances Induction of Naive Pluripotency.
Sone M, Morone N, Nakamura T, Tanaka A, Okita K, Woltjen K, Nakagawa M, Heuser JE, Yamada Y, Yamanaka S, Yamamoto T Cell metabolism, : , 2017

iPS細胞の作製にはハイブリッドな細胞代謝が重要である。

EsrrbiPS細胞TCA回路Zic3シー・スコープヒトミトコンドリア培養細胞解糖系
Hypoxic adaptation of leukemic cells infiltrating the CNS affords a therapeutic strategy targeting VEGF.
Kato I, Nishinaka Y, Nakamura M, Akarca AU, Niwa A, Ozawa H, Yoshida K, Mori M, Wang D, Morita M, Ueno H, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Miyano S, Gupta R, Umeda K, Watanabe K, Koh K, Adachi S, Heike T, Saito MK, Sanada M, Ogawa S, Marafioti T, Watanabe A, Nakahata T, Enver T Blood, : , 2017

中枢神経系に浸潤した白血病細胞の低酸素順応はVEGFを標的とした治療戦略を提供する。

VEGFAシー・スコープゼノグラフトヒト中枢神経系低酸素白血病解糖系骨髄
Effects of Taurine Administration on Carbohydrate Metabolism in Skeletal Muscle during the Post-Exercise Phase.
Takahashi Y, Tamura Y, Matsunaga Y, Kitaoka Y, Terada S, Hatta H J. Nutr. Sci. Vitaminol. (Tokyo), : , 2016

運動後の骨格筋の糖質代謝におけるタウリン投与の効果。

グリコーゲン代謝タウリンピルビン酸脱水素酵素ベーシックスキャンマウス前脛骨筋組織解糖系運動後回復
Metabolome Profiling of Partial and Fully Reprogrammed Induced Pluripotent Stem Cells.
Park SJ, Lee SA, Prasain N, Bae D, Kang H, Ha T, Kim JS, Hong KS, Mantel C, Moon SH, Broxmeyer HE, Lee MR Stem cells and development, : , 2017

部分的に再プログラムされたiPS細胞と完全に再プログラムされたiPS細胞の代謝プロファイリングの比較。

iPS細胞ヒトベーシックスキャン再プログラム培養細胞胚性幹細胞解糖系酸化的リン酸化
Systems approach to characterize the metabolism of liver cancer stem cells expressing CD133.
Hur W, Ryu JY, Kim HU, Hong SW, Lee EB, Lee SY, Yoon SK Sci. Rep., : , 2017

CD133発現肝がん幹細胞の代謝の統合的解析。

CD133ヒトベーシックスキャン培養細胞肝がん幹細胞脂肪酸β酸化解糖系
Hybrid Cellular Metabolism Coordinated by Zic3 and Esrrb Synergistically Enhances Induction of Naive Pluripotency.
Sone M, Morone N, Nakamura T, Tanaka A, Okita K, Woltjen K, Nakagawa M, Heuser JE, Yamada Y, Yamanaka S, Yamamoto T Cell metabolism, : , 2017

iPS細胞の作製にはハイブリッドな細胞代謝が重要である。

ACSF3EsrrbiPS細胞TCA回路Zic3シー・スコープヒトミトコンドリア培養細胞解糖系
Metabolic Plasticity in Cell State Homeostasis and Differentiation of Cultured Human Corneal Endothelial Cells.
Hamuro J, Ueno M, Asada K, Toda M, Montoya M, Sotozono C, Kinoshita S Invest. Ophthalmol. Vis. Sci., : , 2016

ヒト培養角膜内皮細胞の細胞状態の恒常性維持と分化における代謝の可塑性。

シー・スコープヒトミトコンドリア培養細胞培養細胞亜集団角膜内皮細胞解糖系
Glycolytic pathway affects differentiation of human monocytes to regulatory macrophages.
Suzuki H, Hisamatsu T, Chiba S, Mori K, Kitazume MT, Shimamura K, Nakamoto N, Matsuoka K, Ebinuma H, Naganuma M, Kanai T Immunol. Lett., : , 2016

解糖系はヒト単球からマクロファージへの分化に影響を与える。

シー・スコープヒトヒト単球マクロファージ分化解糖系

一覧へ戻る