第8回がんと代謝研究会に出展します

HMTは、7月19日~22日に開催される第8回がんと代謝研究会に出展します。また、7月21日にランチョンセミナーを行います。
みなさまのご来場をお待ちしております。

 

学会情報概要

会期

2022年 7月19日(火)~22日(金)
※HMTのランチョンセミナーは7月21日(木)にございます。

会場

あいぽーと佐渡

会場住所

〒952-0011 新潟県佐渡市両津夷384-11

HMTランチョンセミナー

日時

7月21日(木) 11:40~12:20

会場

あいぽーと佐渡

演者

国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点
牧野嶋 秀樹 先生

演題

がんの核酸代謝制御機構とメタボローム解析

要旨

がんの際立った特徴は盛んな細胞増殖であり、遺伝情報の継承に必要な核酸代謝の制御機構を理解することは、がんにおける重要な研究課題である。核酸に含まれるプリンヌクレオチドとピリミジンヌクレオチドの新規生合成は、炭素および窒素供与体として、葉酸とアミノ酸を材料として利用している。葉酸の代謝拮抗薬はがん治療における日常臨床でも用いられており、数少ないがんの代謝を標的とした薬剤である。本発表では、核酸および葉酸代謝制御機構に関する最近の我々の研究成果を紹介する。次に、遺伝学的な手法により作製した細胞株の代謝産物プロファイルをメタボローム解析により明らかにした。メタボローム解析の核酸代謝に関連する代謝産物の定量結果を中心に紹介する。

カテゴリーから検索

記事掲載年月から検索