海外の話題

This category contains 29 posts

グランド・キャニオン・ナンコウィープ ・トレッキング

HMT Americaの星場勉です。五泊六日でグランド・キャニオン・ノースリムのナンコウィープトレイルに挑戦してきましたのでご報告させていただきます。…

BIO2013に参加して

社長の菅野です。バイオ業界のトレンドを把握するために、昨年ボストンで開催されたBIO2012に引き続き、シカゴで開催されたBIO2013に参加してきました。

会場が広いためか、展示会場やパピリオンは人が少なく少し活気に乏しかったという印象がありましたが、ビジネスフォーラム会場は活気があり、バイオというテーマでこれだけの人が集まってビジネスできていることに感激しました。

BIO2013BIOはパートナリングが主目的のイベントなのでミーティングブースが約500も用意されているのですが、ほとんど埋まっているのはすごいです。主催者は「25,000ミーティング」と謳っています。このほかにも、各社・各地域のパピリオンにもミーティングブースがありますから、ミーティングの数は相当数に達していたでしょう。

いろいろなキーワードから読み取ると今年の主テーマは以下の3つだったのではないでしょうか。…

2012 BIO International Convention(ボストン)に参加して

気候はまだ涼しいボストンが、先週は2012 BIO International Conventionで世界のホットスポットとなりました。

世界最大のバイオイベントですので、ボストンは市をあげて取り組み、BIO関係者ばかりではなく、多くの市、州の政治家なども参加していました。みな揃って「バイオ都市にようこそ」を連呼していました。確かに昔のボストン=MITから、今はボストン=バイオのイメージが強くなったと思います。…

Metabolomics2011レポート-鶴岡市とケアンズ

B&Mの篠田です。6月27日~30日にオーストラリアのケアンズで開催された第7回Metabolomics学会に参加し、うつ病マーカーについて口頭発表をしてきました。ランチ直後のセッションにも関わらず、時間切れになるまで質問がたくさん出て、今後のバイオマーカーの開発に重要な示唆をいただきました。

学会の行われたケアンズはグレート・バリア・リーフへの玄関口であり、年中旅行者でにぎわい、主要産業は観光です。日本から時差がなく、行かれたことがある方も多いかもしれません。私も2007年に家族で休暇で訪れたことがあり、2度目の訪問となりました。…

Metabolomics 2011 社長レポート-Metabolomics2011に参加して

こんにちはHMT社長の菅野です。今年もメタボロミクス国際会議 Metabolomics2011に参加してきました。発表の傾向についてはメタボロミクスインサイトをご覧ください。

今年は日本での開催予定が、東日本大震災の影響で急遽オーストラリアに変更になりましたが、参加者の多くは「メタボロームキャンパスのある鶴岡に行ってみたかった」「(鶴岡での開催が公式に発表された)2014年には絶対に行くよ」と言ってくれていました。

開催地の変更という大きな困難はありましたが、例年通り大成功の国際会議だったと思います。今回は、私の視点から見たMetabolomics2011をまとめてみました。…

大賀拓史の韓国紀行 ~きっかけから~

こんにちは、B&Mの大賀です。韓国メタボロミクス学会への参加記録、今回がラストです。学会参加の目的の一つである「CE-MS解析技術のプロモーション活動」のため、不肖ながらCE-MSメタボロミクスのユーザー代表(?)として口頭発表を行ってきました。

今回、スポンサー企業にはそれぞれ口頭発表の時間が与えられたのですが、その中でもHMTは、一日目真ん中の休憩直前というイイ枠をもらいました。しかも口頭発表の会場は一つしかなかったので、必然的にすべての参加者に向けてアピールできる一大チャンス!ここでCE-MSの魅力を伝えることできずして、おめおめと鶴岡に帰ることなど…という訳で、前日深夜まで独りブツブツと練習し、本番に臨みました。…

大賀拓史の韓国紀行 ~来た、見た、わかった!~

こんにちは、B&Mの大賀です。今回は韓国メタボロミクス学会と韓国メタボロミクスの現状についてのご報告です。

今学会(KMSシンポジウム2011)の参加者人数はおよそ150名。大学や公的研究機関の研究者が多く、企業からの参加はほとんどがスポンサーでした。…

大賀拓史の韓国紀行 ~近くてやっぱり近い国~

こんにちは、B&Mの大賀です。先週は韓国で開催されたメタボローム学会に参加し、またHMTがもつCE-MS解析技術のプロモーション活動を行ってきました。
まだ春先にもかかわらず、メタボロミクスも料理もアツい、お隣の国についてご報告します。…

シドニー空港の乗り換えは複雑で面倒だって!?という話

大橋由明のオーストラリア紀行の最終回です。講演は無事?終えたし、お土産も買ったし、いよいよオーストラリアを離れる時が来ました。大好きなヨーロッパに文化が似ているせいか、名残惜しい感じがします。来るまではオーストラリアに殺伐としたイメージを持っていましたが、今はそんなことはありません。

帰路はシドニー経由で成田までもどります。メルボルン空港でカンタス航空のチェックインカウンターの係員から、「荷物は東京でピックアップできます。ただしシドニー空港での国際線への乗り換えは複雑で、時間もかかります。バスに乗って移動しなければなりません。ユ
ーにはわかりますか?」とのこと。私が乗り換え時の手荷物の方をしきりに気にしていたからなのですが、「おお、問題は荷物ではなく、マイ・オウン・バディーですね?」と聞いたら、厳しそうな表情が緩んで、ニコニコと乗り換え方を教えてくれました。…

メルボルンでオーストラリアの負の歴史を学ぶ話

大橋由明のオーストラリア紀行の第8回です。帰国当日は夕方6時発シドニー行きだったので、朝から午後まで少々時間ができましたのでメルボルンの街を散策しました。

ホテルをチェックアウトして荷物を預け、メルボルンの町を50分ほどで一周するシティ・サークルという無料のトラムに乗ることにしました。無料ですよ、無料。日本では考えられないことです。ヨーロッパでもトラムが無料のところが結構ありますが、どうして日本では実現できないのでしょうか?お年寄りのための循環バスとかも、100 円とかとるから利用者が全然増えないんですよ。一日何回乗っても気にならない値段、せめて一回10円になりませんか?…

メタボロ太郎なう

Photos on flickr