学会・展示会出展

植物における概日リズムとミトコンドリア代謝の関係

植物の概日リズムは、明暗周期下で、光合成をはじめとする様々な生理現象を制御しています。この概日リズムには、CCA1、LHY、TOC1タンパク質が関わっており、これらのタンパク質がフィードバックループを形成することで概日リズムの調節を行なっていることが、これまでの研究で明らかにされ

学会・展示会出展

プラスミド保持によりメチロトローフ生育遅延が起こるメカニズムの解明

プラスミド(染色体外遺伝子)を保持する生物では、そのプラスミドの大きさと生育遅延には相関関係があります。また、プラスミドにコードされている抗生物質耐性遺伝子も生育遅延に影響を及ぼすことが明らかになっています。しかしながら、プラスミド保持することでどのように生育遅延が起こるかについ

その他 すべてのお知らせ

全国初の“統合オミクス”による解析技術のプラットホームを整備-がんの早期発見技術の開発に着手-

静岡県立静岡がんセンターヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社静岡県立静岡がんセンター(総長:山口建、以下静岡がんセンター)とヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:菅野隆二、以下HMT)はメタボロミクス、プロテオミクス、トランスクリプ

学会・展示会出展 すべてのお知らせ

BioJapan2009

HMTでは、BioJapan2009(2009年10月7日-9日、パシフィコ横浜)に山形県鶴岡市の共同出展者として展示を行います。日時2009年10月7日(水)~9日(金)会場パシフィコ横浜展示ホールC,D(横浜市)主催バイオジャパン組織委員会・日経BP社参加費1,00

セミナー すべてのお知らせ

研究者のためのメタボロミクス基礎と実践セミナー

【News】お申込多数のため、東京会場でのセミナーを12月16日にも追加しました!メタボロミクスブームは全国に広がりを見せています。その理由はメタボロミクス解析が手軽にできるようになったこと、多岐にわたる分野での論文が急増し、メタボロミクスの利用価値が明確になってきたことです。